トップページ > ローヤルゼリーとプロポリスの違い

ローヤルゼリーとプロポリスの違い

ローヤルゼリーとプロポリスの違い

『女王蜂の特別食』を知る上でプロポリスと比べることで分かりやすくなるので、プロポリスと比べてみることにしましょう。

 

何から作られているのか
ローヤルゼリーというのは、働きバチから採取される体液から作られています。働きバチというのは、花粉や花の蜜を食べることで栄養を摂取し、体のなかでその花粉や蜜を酵素の力で分解・合成をします。それがローヤルゼリーになります。プロポリスのほうは、植物の樹脂とミツバチのだ液を混合したものです。

 

どんな働きをしているか
ローヤルゼリーは女王バチが生きていくために必要な栄養です。女王蜂が生きていくためには必要な栄養なのです。女王蜂というのは、誕生してからローヤルゼリーを食べて成長をしていきます。

 

そのため、ほかのハチよりも大きさが2〜3倍もあり、寿命に至っては、ほかのハチよりも30〜40倍も長生きします。このローヤルゼリーがあることで元気なわけです。

 

プロポリスのほうは、殺菌をするために使われています。ミツバチは、このプロポリスを体中に塗ることで、菌などから体を保護しているのです。また、食べることもあり、栄養がたくさん含まれているので、元気に活動することができるほか、抗菌作用やアレルギーを緩和する働きもあります。

 

どんな成分が含まれているか
ローヤルゼリーはアミノ酸、ビタミン類、ミネラル類をたくさん含んでいます。ほかにも、ローヤルゼリーにしか含まれていない『デセン酸』という成分が含まれています。この『デセン酸』が含まれている量でその品質が異なるので、『デセン酸』はローヤルゼリーに含まれている成分では重要な成分です。

 

プロポリスのほうは、『フラボノイド』という成分が大半を占めていて、ほかにはビタミン類も含まれています。