トップページ > 慢性期の対処法

慢性期の対処法

慢性期の対処法

四十肩には急性期と慢性期という時期がありますが、急性期は肩が炎症している時期で、それが終わると慢性期の時期になります。この慢性期になると痛みは軽減されますが、痛みが消えてしまうことはありません。

 

また、慢性期になると、就寝中に痛いことで起きてしまったり、一睡もできなかったりということがあまりなくなってきます。ほかにも、急性期では腕や肩を動かすと痛みが出るので可動域が狭くなりますが、慢性期になると、その範囲は少しずつ広くなってくることでしょう。

 

ここで重要なのは、慢性期での対処の仕方で、四十肩の病状が良い方向に行くか悪い方向に行くかがある程度決まってくるということです。

 

急性期はあまり腕や肩を動かしてはいけない時期ですが、急性期に放っておくと、肩を動かすことができる可動域が狭くなってしまいます。

 

そのため、痛みが軽減されてくる慢性期になったときには、マッサージやストレッチをして、肩をなるべく使っていきましょう。

 

当然、はりきりすぎても症状を悪い方向に導いてしまうだけなので、はりきり過ぎず、自分で動かすことができる範囲にとどめておきましょう。また、急性期には冷やすことが効果があるのですが、慢性期には温めると効果があります。

 

例えば、入浴時間を長くしたり、肩をできるだけ温めるような格好をしたりすることがもとめられます。ほかにも、医療機関を受診して治療をする急性期とは違い、慢性期では、自分で行うことができる治療をしていきます。

 

例えば、整体に通ったり、漢方薬を利用したりするということです。この時期にも、きちんと治療をして、できるだけ早期に四十肩の苦しみから解放されるようにしましょう。