トップページ > 坐骨神経痛のウォーキング対策

坐骨神経痛のウォーキング対策

坐骨神経痛のウォーキング対策

ウォーキングは、最も身近に行える運動ではないでしょうか。坐骨神経痛の緩和方法としても、気軽に行える運動として人気です。ウォーキングといっても、本格的な競歩のようなものではなく意識して歩く散歩と捉えたらよいでしょう。

 

散歩程度の歩行でも、腰や下肢を動かすぶんだけ負荷がかかるので、それなりに疲労があります。その負荷と疲労に応じて筋肉が丈夫になるため、坐骨神経痛に対抗する力が蓄えられるのです。腰の筋肉や骨盤、背骨や肩甲骨など、自分の骨格や関節にかかる力を意識して歩くと、ウォーキングの効果は十分に得られます。

 

坐骨神経痛の痛みやしびれがひどい状態のときには、散歩をする程度でも辛いかもしれません。そんなときには、少し歩けるくらいの体調なら、短時間でも構わないので少しずつ毎日歩くようにしましょう。何より大切なのは、毎日継続することです。

 

ウォーキングには筋肉を鍛えるほかにも、精神面でストレスを解消する効果があります。意外にも坐骨神経痛の症状緩和につながるのが、空の色や木々の緑、季節の草花などを診て移り変わる季節を感じることです。都会の道端にもそうした発見はありますが、都会らしい街並みを楽しんでみるのもよいでしょう。

 

最近はランニングやウォーキングブームなので、スポーツウェアにお洒落なデザインのものがたくさん揃っています。ウォーキング専用のウェアを一式揃えて、取り組んでみるとやる気も出てくるというものです。

 

地上でのウォーキングが負担に感じられる場合は、水中ウォーキングを試してみるのもおすすめです。坐骨神経痛は体調によって症状に強弱が出るものですから、なるべく日々を快適に過ごす工夫が重要なのです。