トップページ > 不足しがちなDHA・EPA

不足しがちなDHA・EPA

不足しがちなDHA・EPA

みなさんは普段からどのくらい魚を食べていますか?食生活が欧米化したことによって魚を食べる機会が少なくなったのではないでしょうか。若い世代になればなるほど魚を食べる量は減少している傾向にあり、実は魚の供給量とヘイキン寿命は深く関係しているので普段から積極的に魚を取り入れた食生活を贈ることが重要になるのです。

 

世界一の長寿国と言われている日本ですが、食生活が欧米化したことによって糖尿病や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病を発症する人が増え深刻な問題となっています。魚を食べることでこれらの病気を予防・改善することができ、様々な健康維持に役立てることができるのではないでしょうか。

 

また海外では日本の子どものIQが高いのは日常的に魚を食べているからでは?と言った専門家の声も多く、最近では魚に含まれるDHAがテレビや雑誌などで脳へ良い影響をもたらすと発表されたことで認知症などの予防にも効果があるとして注目されているのです

 

DHAの理想的な一日の目標摂取量は1gと厚生労働省によって定められており、鯖の煮付けであれば0.3枚から0.8枚、焼き鮭であれば0.5枚から1.9枚ほどとなっており、出来るだけ毎日継続してこの量を摂取しなければなりません。

 

つまり欧米のような食生活を送ってては摂取することは難しい量であり、たまにたくさん魚を食べたからと言って効果を発揮するものではなく継続して摂取することが重要になります。そこで普段の食事だけでは補えない分にはサプリメントで補うことで目標摂取量を摂取することができ、DHAの効果を得ることが出来るのではないでしょうか。